太陽光発電を設置しようとするとき、
その目的が電気料金を安くする、
売電をして利益を上げる。
いずれにしても太陽光発電環境が良いか悪いかによると思います。
その環境の要素にはいくつかあってまずは日照量だと思います。
太陽光発電は太陽の光を電気エネルギーに変換するもので太陽の光がない夜は発電できないと言うことがデメリットです。
したがって日中太陽の光があるときにどれだけ効率的に発電できるかが問題になってきます。
その中で山梨県は日照量は日本で一番日照量が多い地域になっています。
自然環境に関しては山梨県は太陽光発電に対して最高の環境にあるといえます。
そして補助金に関して山梨県の補助金は利子補給という形式を取っています。
ソーラーローンなどを利用したとき最高で10万円まで利子補給してくれます。
山梨県で太陽光発電は借入をして設置したほうが良い条件で設置できると言えます。
太陽光発電の利益は毎月少しずつそのメリットを享受できます。
毎月いくら電気料が安くなった、
毎月電機を売ってどれだけ売却できるかなど、
月づきのメリットになります。
その金額を考えてソーラーローンを組めば初期費用を安くできます。
太陽光の発電は屋根の形状や方向によってかなり発電量は違うそうです。
自宅に屋根が発電の環境にいいか悪いかを専門家に診断してもらう必要があります。
しかし、
太陽光発電の設置環境にいいか悪いかを考えると山梨県は太陽光発電には最高の土地柄ではないかと思います。