ソーラー発電システムの全体の流れを概観すると、ソーラーパネルに日光が当たり、ソーラーパネル内部の半導体が日光に反応して発電します。
日光により発電する電気は直流電力です。
そのままでは一般家電製品には使用できないため、ソーラー発電システムに付属するパワーコンディショナーといった機材により一般家庭内で使用する交流電力へと変換します。
住宅用の太陽光発電システムで発電する電力は、発電システムが設置されている建物内で優先的に消費されます。
日中でも発電システムが発電する電気よりも多く電気を消費する時や日没後、また悪天候のため発電量が下がるようなときには電力会社からの電気を消費する事になるでしょう。
発電した電気に余剰が出る場合は電力会社に売却します。
山梨は東京電力の電力供給地域ですから、東京電力と契約を交わして太陽光発電システム設置後の余剰電力を販売する契約を結ぶ事になるでしょう。
電力が必要な場合は、東京電力から供給を受けます。