山梨市では、地球温暖化対策・資源循環型社会の形成や農林業や観光業の振興の観点から、バイオマスやバイオディーゼルの利用や自然エネルギーの有効活用、エコツアーや環境教育に力を入れています。
その取り組みの1つとして、高低差が大きくて変化に富んでいる地形や、全国で1位という恵まれた日照時間を活かした、太陽光発電の導入が促進されています。
市営の施設に積極的に導入しているほか、国の補助金とは別に、山梨市独自の住宅用太陽光発電システム設置費補助金を設けて、一般家庭での太陽光発電設置を後押ししています。
申請は工事着工前に行うことが必要で、電力受給開始後には実績報告書の提出が義務付けられています。
補助金の額は、1KWあたり2万円で、上限額は10万円となっています。
普及啓発の取り組みとして、山梨市では「エコハウスやまなし」を建設して、広く一般に公開しています。
このエコハウスでは、太陽光パネルやエコ給湯といった設備をはじめ、全国1位の日照時間の長さを生かして、大きな広い窓で室内を明るく照らす設計にするなど、太陽光や太陽熱をたっぷりと活かせる設計・施工がなされています。
また、山梨市の気候を考慮し、風の流れを活かせる伝統的な越屋根の工法を採用しています。
こうした地域性と省エネ性を重視したエコハウスを覗いて見聞を広げ、ご自身の家庭にも太陽光発電を設置するキッカケ作りや、ご家族での検討材料に利用してみてはいかがでしょうか。