県の名前がついた市を見ると、かなり都会である事を連想してしまいます。
しかし、山梨市の場合、大きな雑居ビルに囲まれ、ビジネスマンが闊歩しているような都会ではなく、どちらかと言うと有名な甲州ワインの産地であったり、信玄公由来の温泉や建造物などが多い自然に恵まれた場所であると言えます。
もちろん、県の日照時間も長いので、山梨市も非常に日照時間が長いですし、自然に恵まれていて、極端に家に当たる日光をさえぎってしまう建造物に隠れていると言う民家もほとんど無く、太陽光発電において恵まれた立地であると私は思います。
先に書いた信玄公ゆかりの場所だけでなく、もっと昔の縄文時代や弥生時代の旧跡も多く、昔から食べ物が豊かに実っていたり温暖で過ごしやすい地域であったと創造できます。
せっかく、そのような土地にいるのですから、ソーラーパネルを利用してその自然のエネルギーを活かしたいものです。
インターネットを利用して、山梨市における観光スポットなどをチェックしてみると、ほとんどが公園であったり、温泉であったり、他にもダムや渓谷といった感じです。
建物も、お寺などの仏閣が目に付きます。
ここからも、雑居ビルのイメージは感じられません。
そういった環境からも、太陽光発電に向いていると言えるのではないでしょうか。
山梨市はちゃんと補助金も出ますのでその点でも安心ですね。
日照時間が長いと言う環境を、自治体もしっかりと認識しているのでしょう。
住民も利用しない手は無いですよね。