山梨は、日本で一番太陽が出ている時間が長いのだそうです。
いわゆる日照時間と呼ばれるものですが、これが日本一なのが山梨県です。
山梨県ではこのことをしっかりと認識しているとみえ、太陽光発電の設置に積極的です。
たとえば山梨市では、太陽光発電設置に関して補助金を出す制度を作っています。
また、山梨県としての太陽光発電設置に対する補助金も出ますので、国、都道府県である山梨県、そして地方自治体にあたる山梨市の3か所から補助金を受け取れるということで、もっともお得に太陽光発電システムが取り付けられる場所ということになります。
日照時間が長く、太陽光発電に向いている土地柄であることを行政がしっかりと認識してくれていることが、こうした補助金の充実につながっているのだと思います。
取り付けを行う家庭からすると、補助金がパーフェクトに揃って受け取れることは大変大きなメリットですが、行政側から見ても、それぞれの家庭で電力を作ってくれることのメリットは大きいのだろうと思います。
災害時には電気はどうしても止まってしまいますから、街は真っ暗になってしまいます。
また、原子力発電所の災害から、計画停電ということが実際に起こりうるのだということも知りました。
そのときに太陽光発電を備えているお家がたくさんあれば、街中から灯りが消えることはありません。
山梨市としても、市内が真っ暗にならないために、多くの家が太陽光発電を設置してくれることを望んでいるのではと思います。