私は長年東京でサラリーマンをしていて老後は夫婦2人で、山梨市で老後生活を送ろうと決めていました。
サラリーマンは前もっていろいろ計画しなければ思うようにできません。
老後の生活は今後の我々2人にとってとても大切なことなのです。
10年前に購入した土地に家を建てて老後は畑仕事を楽しむと言うことが夢でした。
家を建てるときになって建築業者が太陽光発電のことを言ってきました。
山梨県は日照時間が日本一で太陽光発電には適している地域だと言うことでした。
私も福島の原発事故以降都内でも会社でも節電節電といった言葉をよく聞いていたので興味はありませんでしたが太陽光発電に関してはある程度は知っていました。
しかし、
山梨県が日照量日本一だとは以外でした。
それに補助金が支給されるので設置費用の20%程度は補助金で賄えるといわれました。
紳士区の際に太陽光発電を設置したら設置費用自体も安くなるとの事でした。
老後生活は年金だけの生活になってしまいます、
極力不必要なものは使わないで出費を減らす努力が要ることを今から想像しています。
その中で太陽光発電は電気料金を安くでき、
また、
売電もできてその収入も期待できると言うことで太陽光発電の設置を決意しました。
家の建築コストはその分多くなりますがシミュレーションでは7年くらいで回収できるみたいです。
果たしてシミュレーションどおり行くかどうかは分かりませんが、
自分自身で何かを作り出すと言うことにとても関心を持ちました。
太陽光発電を設置して正解だと思いました。