知れば安心!太陽光発電の事 気になるコストや発電力の事を学べは応用工夫ができて、安心エコライフを始めることができます! Sun, 08 Dec 2013 06:57:08 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.9.13 太陽光発電の技術はどんどん進化している /sonota/gijutu-sinka/ /sonota/gijutu-sinka/#comments Sun, 08 Dec 2013 06:57:08 +0000 /?p=53 これからの発電方法のひとつとして太陽光発電は注目されている技術です。
この技術は今まさに進歩の途中にあるといったことがいえます。
そして、この設備を導入するための補助金電気の買取制度といったものもまだまだ手探りの状態にあるという認識が必要といえます。
つまり技術も制度もまだまだ未完成の領域にあるといえます。
そのため、これらの設備を導入することを考えるときには、最新の情報とこれからの展望を感がえて設備を導入することが重要といえるでしょう。
技術面ではさまざまな方法がありますので、設置場所によっては向いている発電方法とそうでないものもあったりします。
制度面においては、自治体によって補助金の制度がちがったりしますし、買取価格なども今後も今とずっと同じ価格となるかどうかは未定といってもいいでしょう。
そのような情報をあつめて総合的に考えて太陽光発電設備を設置することが重要となるといってもいいでしょう。
ちょっと大変ですが、それだけに価値のあるものともいえます。

]]>
/sonota/gijutu-sinka/feed/ 0
難しいことは何もない太陽光発電 /sonota/muzukasii-nai/ /sonota/muzukasii-nai/#comments Thu, 28 Nov 2013 06:56:01 +0000 /?p=52 太陽光発電にして良かったと思っている方は、
設置しているほとんどの方が考えていることになっています。
内容としてはかなり難しいようなシステムになっていると思っている方も多いです。
ですので、管理の手間もかかってしまうのではないか、
と危惧を抱いている方も少なくはないというわけなのです。
確かに太陽光の発電システムは、お金が非常にかかるようになっているのです。
100万円台後半や200万円を突破してしまうことも珍しい事ではありません。
そのようなものになっていますので、
いろいろと管理の手間がかかってしまうと考えても仕方のないことになっています。
しかし、その点についてなのですが、特に難しいことはありません。
管理の手間などかからないのです。
ですので、太陽光発電を導入して良かったと思っている方は多いです。
簡単にいってしまえば、その発電システムなのですが朝になれば勝手に発電を開始します。
そして夜になれば勝手に発電を終えるのです。
パワーコンディショナなどを機動したり、スイッチを切ったり、という手間は全くないのです。
また気になるのがメンテナンスでしょう。
太陽光パネルなどの確認はどうしたらいいのかということです。
家の下から屋根のパネルの状況を確認していくということは、
非常に難しいものになっているのです。
見えないようなケースも多いのではないでしょうか。
そこでメンテナンスを行うことを考えるのですが、
基本的には設置業者にお願いをしていきます。
設置業者で行われるメンテナンスは3年から5年に1回ペースが多いです。
かなり間が空くのではないか、と思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際にそのようなペースでメンテナンスが行われます。
その内容についてなのですが、ほとんど故障をしないということがあります。
そして汚れも勝手に落ちるような設計になっているのです。
ですので、メンテナンスも時々で良いというわけなのです。
以上のように難しいことは何もないのが太陽光発電ということです。
管理が楽であるというメリットがあるのです。

]]>
/sonota/muzukasii-nai/feed/ 0
知識だけでなく業者も調べたい甲府市の太陽光発電 /yamanashi-jutaku/tisiki-gyousha/ /yamanashi-jutaku/tisiki-gyousha/#comments Tue, 12 Nov 2013 06:54:14 +0000 /?p=51 落ち着いた甲府市の家の屋根屋根に静かに太陽光発電機器が載っているのも、ごく自然の景色になってきました。
家の屋根を傷めるからと躊躇している人も多く、旧家そのものを大事にしているお宅も多い中、昔ながらの家の高級和瓦の上にも太陽光導入のお宅が拝見されるようになったのは、費用回収の可能性よりも太陽光エネルギー導入の意義を深く捉えておられるのでしょう。
何も屋根に取り付けるばかりがt得策ではないからと最も有利に発電パワーを生かせる方法を用いている家も少なからず現れています。
ガレージの上に太陽光に対して、最も良い方向と角度で設置するというのは、あちらこちらで見られるようになりました。
家とは別の場所で発電をしているという人もいます。
普段使わない別荘やログハウスなどにつけていると聞きます。
利益があると言うこともありますが、後々の災害時の対応の一つとして考えている人達も多いようで、機器設置に関しては、よく調べておられ、専門家並みの人も珍しくありません。
ただ、全てを知っていると思いすぎて、専門業者のような現地での実績とは違う机上の理論で、独りよがりになってしまい、取り付けに失敗することがありますので注意しましょう。
本当に優れた専門業者はムダになる設置を薦めませんが、いい加減な業者は設置することだけを考えています。
機器設置についてだけでなく、業者についても調べることを抜かってはならないということです。
それを気をつければ、既に取り付けておられる斬新なものも含めて、甲府市で太陽光発電成功をしている皆さんに続くことができるでしょう。

]]>
/yamanashi-jutaku/tisiki-gyousha/feed/ 0
甲府市は太陽光発電には最適では /yamanashi-taiyou/koufu-saiteki/ /yamanashi-taiyou/koufu-saiteki/#comments Tue, 15 Oct 2013 12:53:30 +0000 /?p=50 甲府といえば、ワインを連想される方も多いと思います。
このところの円安で、海外へ進出して採算が取れるようになってきたということから、甲府のワインを欧米に持っていき、ソムリエを集めて試飲会などを精力的に行っているのだそうです。
山梨は年間の日照時間の長さが日本一で、このお日様の力によって、おいしいワインができる元となるブドウもよく育つのだと思います。
ワイナリー用のブドウ畑は広大な場所を必要としますので、誰もができることではありませんが、甲府市内でならこのお日様を利用して、誰もができることがあります。
それが、長い日照時間を生かした太陽光発電での電気作りです。
自宅で電気が作れると考えただけで、美味しいワインと同じくらい魅力的に思えてきます。
お日様の力で作られた電気をともした夜の食卓に、甲府特産のワインを並べたら、お日様の恵みをまるごといただいている感じがするのではないでしょうか。
日照時間の長さは、太陽光発電で作られる電気の量を大きく左右します。
長ければ長いほど、たくさんの電気が作れるのは当然ですから、その分、光熱費はかからなくなりますし、余った分は電力会社が買い取ってくれるようになりましたから、システム導入に必要な費用を早く回収することができるということになるでしょう。
日照時間が短いところに比べたら、甲府市で太陽光発電を取り入れることは、自然の恵みを大いに生かして生活することではないかと思うのでした。

]]>
/yamanashi-taiyou/koufu-saiteki/feed/ 0
山梨県の太陽光発電とメガソ-ラ-について /yamanashi-taiyou/yamanasi-mega/ /yamanashi-taiyou/yamanasi-mega/#comments Sun, 29 Sep 2013 11:52:57 +0000 /?p=49 太陽光発電が大きな注目を浴びています。
2年前の東日本大震災以来、日本国中が原子力発電所に対する凄まじいアレルギ-体質に変わり、その結果として、既存の原子力発電所は近い将来に廃止、新規の原子力発電所新設などは太陽が西から上ってもあり得ないという空気が日本中に充満していると言っても過言ではありません。
その為、原子力発電に変わる発電方法が、改めてここにきて注目されて、各地の火力発電、水力発電が今一度整備されて、効率化が施されました。
また個人で自分の裁量で発電所を作れる太陽光発電設備は、この1年で ブ-ムにすらなる位の勢いで普及が進んでいます。
太陽光発電は個人の裁量で、自分の家の屋根の上にソ-ラ-パネルを設置する家庭用太陽光発電と、県とか国が、大企業とタイアップして広い遊休地に太陽光パネルを数限りなく設置するメガソ-ラ-とかがあります。
ここ山梨においても、家庭用太陽光発電設備が250万円程度で取りつけられるようになったので、一般への普及率が上がってきています。
そして、行政主体のメガソ-ラ-において 、山梨ならではの独特の工夫がなされてメガソ-ラ-の設置がなされています。
一般的に内陸型メガソ-ラ-は、難しいと言われています。
臨海地域の工場跡の遊休地にソ-ラ-パネルを敷き詰めるのが標準的なメガソ-ラ-の形です。
一方盆地のような内陸部では、固まった平らな土地を確保するのは難しく、その為メガソ-ラ-は設置が難しいと言われてきました。
東京電力が2012年1月に営業運転を開始した「米倉山太陽光発電所」は小さな山の山頂を少し造形を変えて、多数のソ-ラ-パネルの設置に成功したのです。
同時にそれは内陸部においてもメガソ-ラ-が、十分に建てられることを証明して事にもなっています。
今後も、設置条件の悪い場所でもメガソ-ラ-が作られていくことでしょう。

]]>
/yamanashi-taiyou/yamanasi-mega/feed/ 0
太陽光発電システムの全体の流れを概観する /yamanashi-taiyou/nagare-gaikan/ /yamanashi-taiyou/nagare-gaikan/#comments Fri, 23 Aug 2013 12:50:38 +0000 /?p=48 ソーラー発電システムの全体の流れを概観すると、ソーラーパネルに日光が当たり、ソーラーパネル内部の半導体が日光に反応して発電します。
日光により発電する電気は直流電力です。
そのままでは一般家電製品には使用できないため、ソーラー発電システムに付属するパワーコンディショナーといった機材により一般家庭内で使用する交流電力へと変換します。
住宅用の太陽光発電システムで発電する電力は、発電システムが設置されている建物内で優先的に消費されます。
日中でも発電システムが発電する電気よりも多く電気を消費する時や日没後、また悪天候のため発電量が下がるようなときには電力会社からの電気を消費する事になるでしょう。
発電した電気に余剰が出る場合は電力会社に売却します。
山梨は東京電力の電力供給地域ですから、東京電力と契約を交わして太陽光発電システム設置後の余剰電力を販売する契約を結ぶ事になるでしょう。
電力が必要な場合は、東京電力から供給を受けます。

]]>
/yamanashi-taiyou/nagare-gaikan/feed/ 0
屋根の向きが重大な要件です /yamanashi-jutaku/yane-youken/ /yamanashi-jutaku/yane-youken/#comments Thu, 08 Aug 2013 03:03:01 +0000 /?p=46 最近得た情報によると、私の住む山梨県は日本で一番の日照量があると言うのです。
何故、山梨県が多いのか理由は誰も教えてくれなのですが、どうやら国の統計でそのようになっていると聞きました。
それで最近は、太陽光発電の家が増えて来たのかと、納得も出来たのです。
日照量の多いイメージは、宮崎県と四国地方かと思ったのですが、それらの地方よりも多いのは、山に囲まれているからなのでしょうか。
そんなこと聞き主人が、我が家も太陽光発電にしようと言い出したのです。
いくらお金がかかるのかも知れないで、急に思いついたのでしょう。
費用も200万円以上かかると聞いているのに。
そこでまず、主人と軽く勉強をすることにしたのです。
まず太陽光発電における電力量は、太陽の光によって発電された電気の大きさを表す発電電力量があるのです。
そしてその発電された電力更に電力会社から購入し、消費した電力量を示す消費電力量があるります。
この山梨県内1年間を通して、太陽光発電で発電できる電力量は、3kWシステムで約3000~4000kWと予測されます。
更に効率的な電力を得るためには、発電できる日中に電気を使わないこと、そして設置する方位も関係して来るのでした。
当然誰が考えても判ると思いますが、屋根が南側を向いていることが、最大の条件になるのです。
南側に比べ北側では、約半分程度の電力しか得られないのです。
これでは、つけた意味もあまりないと知りました。
我が家の屋根、北に向いているのでした。
そこで今、設置について中断してしているのでした。
近いうちに、家のリフォームがあります。
その時に屋根の向きを変えるようにすれば、発電も可能となるのです。
ですが、今度はその費用がどれくらいかかるのかを調べる必要があるのです。
家の骨組みまで変えてまでした方が良い太陽光発電なのか、良く調べる必要もあるのでしょう。
これが新築の家でしたら、全く問題なく設置した方が良いと判るのですが。

]]>
/yamanashi-jutaku/yane-youken/feed/ 0
できる限りの対応 /site/%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e9%99%90%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%af%be%e5%bf%9c/ /site/%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e9%99%90%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%af%be%e5%bf%9c/#comments Wed, 17 Jul 2013 12:53:08 +0000 /?p=45 できる限りの対応をしてくれた業者の方々には、本当に感謝しています。
費用のこともそうですが、どのメーカーを利用したら一番発電量が多いのか?という素朴な疑問にもしっかりと対応してもらえ、各メーカーの発電シミュレーションを出してくれました。
わかりやすい説明をしてくれて、最終的に納得して導入ができたので安心しました。
甲府市で暮らしているのですが、甲府市からの補助金、1kwあたり1万円、上限金額3万5千円もしっかりと受け取ることができたのは業者の方のおかげだと思います。
今多くの家庭で導入が進んでいますが、マンションなどはまだまだ少ないようです。
もっともっとマンションなどの集合住宅でも導入が進めば良いな~と感じています。
マンションなどの集合住宅では、導入するのに色々と住民への確認などが必要になってくるでしょうが、しっかりと説明をすれば大丈夫ではないでしょうか?
最近は多くの方が太陽光発電に興味を抱いていますし、その恩恵を受けたいと感じている方も多いでしょう。
一度導入を考えてみてください。
我が家は導入してからも、業者の方が親切な対応で私たちの生活を見守ってくれているので、安心して生活ができています。
発電状況を確認してくれたり、困ったことがあるとすぐに対応してくれます。
細かいサポートが、とても嬉しいです。
皆さんも導入の際には、細かい所までサポートができる業者を探してみてください。
きっと力になってくれるはずです。

]]>
/site/%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e9%99%90%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%af%be%e5%bf%9c/feed/ 0
山梨市での太陽光発電 /yamanashi-jutaku/yamanasisi-hatuden/ /yamanashi-jutaku/yamanasisi-hatuden/#comments Thu, 13 Jun 2013 23:52:10 +0000 /?p=44 山梨県民になった時、大好きな海がなく寂しい思いをした私ですが、今度は山の魅力に取り付かれるようになって来たのです。
海の良さとは全く違う山の風景、今度はその山にチャレンジする気持ちにもなった私なのです。
でも湘南の街から山梨の町に来た時は、とても殺風景だったことを思い出すのでした。
そんな山梨県に住み始めて8年、ここまで来ると完全に山梨県の住民と言っても良いと思います。
都会の良さは全て忘れて、田舎の良さを楽しんでいるのでした。
そんな我が家、昨年秋、リフォームをしたのでした。
子供も大きくなって来たこともあり、いろいろ改装も必要になって来たのです。
その時、主人が言ったのです。
今度のリフォームでは、オール電化と太陽光発電の設備を取り入れると。
考えると山梨県は、ここ30年間の平均で一番の日照量があると言われているのです。
そんなことから県でも太陽光発電を積極的に推進をしているのでした。
私のような素人が考えると、暑い岐阜や群馬の方が太陽光発電に向いていると思っていたのです。
ですがそれが間違いとも教えられたのです。
屋根に設置する太陽光発電のパネルは、あまり温度が上がってしまうと発電効率が下がってしまうと言われるのでした。
ですから気温の丁度良い山梨市が向いていると言われるのです。
まだ始まったばかりですが、今年一年の成果がどれくらいの数値になるのか楽しみにしているのです。
そして予定量を売電がうまく行くと、温泉旅行が待っているのです。
これは、主人からの提案でした。

]]>
/yamanashi-jutaku/yamanasisi-hatuden/feed/ 0
メリットを客観的に判断して、購入設置される事をおすすめします。 /yamanashi-taiyou/meritto-handan/ /yamanashi-taiyou/meritto-handan/#comments Tue, 04 Jun 2013 23:51:31 +0000 /?p=43 太陽光発電システムを購入しようと考えていろいろと情報を集めたりしてみても、なかなか客観的に説明してくれる相談相手が見つからずに困っている方は少なくないでしょう。
山梨でこれから太陽光発電システムを購入しようと考えているかたは、太陽光発電システムのメリットを客観的に判断して、購入設置される事をおすすめします。
太陽光発電システムの発電に必要なエネルギー源は100パーセント自然由来のエネルギーです。
ご存知のように自然由来のエネルギー源というのは、地球が存在する限り枯渇する事のない自然現象に由来するエネルギーです。
枯渇する可能性がないために、再生可能なエネルギー源とも言います。
太陽光発電システムは太陽光エネルギーを発電に利用するシステムですが、他にも風力エネルギーを利用する風力発電システムや水力エネルギーを利用する水力発電システム、温泉地や活火山が近い地域で地下の熱を利用する地熱発電システムがすでに実用化され、運用されているのです。
原子力を使った発電システムのリスクが露呈し、自然エネルギーの活用が安全面で非常に有利である事が明らかになりましたが、住宅用太陽光発電システムで原子力発電所の電力を補おうとすると、原子力発電所1基につき800万台の住宅用太陽光発電システムが必要になると試算されています。
現時点で日本国内で稼動している住宅用太陽光発電システムが80万台前後ですから、今の10倍普及するとようやく原子力発電所1基分の電力を置き換える事ができるようになるでしょう。

]]>
/yamanashi-taiyou/meritto-handan/feed/ 0