最後に見ていくべきものとしますと、基本の事なのですが太陽光発電はどのようにしているのか、ということがどうしても気になってくるものでしょう。
太陽光のエネルギーをどのように電力にしているのかということです。
その事を詳しく知ることによりまして、
はじめて太陽光発電のしくみをしっかりと知るということにもつながっていくものになっています。

では、その太陽光発電なのですが、半導体に光を照射すると電流を発生するという仕組みを生かしているのです。
その仕組みなのですが、光電効果といわれるものです。
もう少し詳しく見ていくべき部分なのですが、N型シリコンとP型シリコンというものが太陽電池モジュールにあるのです。
そちらに太陽光が当たりますと、マイナスの電荷をもった電子が発生をします。
そしてプラスの電荷をもった正孔も発生するのです。
その二つが発生することにより発電をしていくというものになっています。

まずは電子ですが、電子はn形半導体へ引き寄せられるようになっています。
そして正孔のほうですが、正孔はp形半導体へ引き寄せられるようになっているのです。
そうしますと電力が発生しまして発電となるシステムになっています。
以上の原理からしますと、
ある意味で半永久的に発電していけるような仕組みになっているといえるでしょう。

発生する電力につきましては、光の強度に比例をしていくというものになっています。
ですので、光が激しいとたくさん発電されるというものになっています。
一方で、曇りなど光の量が少ないと発電量も少なくなるというわけです。
ただし、曇りでありましても発電はできますので、そのあたりも太陽光発電のユニークなところでもあります。

以上のような仕組みで発電をされます。
実際に太陽光発電を導入される時には参考にしてみてください。
なかなか理解がしにくい部分ではあるのですが、ある意味で太陽光が太陽電池モジュールにあたると、自動的に発電していく仕組みになっているということは理解できるはずです。
それが分かれば太陽光発電は理解はできているといえるでしょう。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>